半月板損傷

半月板損傷とはABOUT

半月板は、膝関節に2個づつ存在する軟骨性の組織で、膝のクッションとして働いて、周辺の関節軟骨を保護する役割を担います。スポーツ中のケガとして損傷されることが多いのですが、中高年になると明らかな外傷なく変性が進行して損傷に至ることもあります。

半月板損傷の原因CAUSE

半月板損傷は、スポーツや交通事故による外部から力が加わった際に損傷する場合と、加齢によって脆くなっている半月に軽微な力が加わって損傷する場合があります。
スポーツや交通事故による場合は、体重がかかった状態でひねったり、強い衝撃によって半月を損傷し、時には前十字靭帯損傷と合併して起こるものがあります。
加齢が原因となる場合は、半月は加齢とともに変性するため、高齢になると弱い力でも半月を損傷することがあります。

半月板損傷の症状SYMPTOM

症状として痛みやひっかかり感、水腫(水がたまる)が生じ、時にロッキング(急に膝を動かせなくなる)を生じることもあります。一旦損傷すると自然治癒する可能性は低く、放置すると損傷が大きくなり症状が増悪します。

半月板損傷の診断・検査DIAGNOSIS

症状と理学所見および画像診断で診断されます。特に半月板損傷の診断には、MRIが有用でありその部位や程度、変性の有無、合併する靭帯や軟骨損傷の有無を確認します。

半月板損傷の治療TREATMENT

当院では、変形性膝関節症に伴う半月板損傷など、変性の割合が強い場合は、まず手術を選択せずリハビリなどの保存的治療を行います。一方で、スポーツなどのケガにより生じた半月板損傷や、リハビリによる治療で改善しない場合には、関節鏡を用いた手術を行います。

<鏡視下半月板縫合術、鏡視下半月板部分切除術>

手術は関節鏡(膝の内視鏡)を用いて行います。半月板は周辺の関節軟骨を保護する役割を担いますので、なるべく多くの部分を残すことが重要です。一方で、引っかかったりして軟骨を却って損傷する部分は適切に切除する必要があります。
したがって、損傷部分を縫い合わせて治癒が期待できる場合は、なるべく縫合術を行います。縫合術には、すべての処置を関節内で行うオールインサイド法と、小皮切をおいて行うインサイドアウト法があり、損傷部位や形態により使い分けます。
また、損傷した半月板の変性が強い場合や、縫合しても治癒せずに症状が長期に残る場合は、半月板部分切除術が必要になることもあります。
半月板損傷には、しばしば軟骨損傷が伴います。軟骨の損傷の程度が大きい場合、修復術を行う必要がある場合もあります。

<リハビリテーション>

リハビリテーションは手術翌日から開始します。半月部分切除術の場合は、通常は関節の固定は行わず、数日で早期に日常生活への復帰が可能です。一方で、半月縫合術の場合には、1週経過後から可動域訓練を開始しますが、2週間程度はニーブレースを装着します。軽いランニングは3-4ヶ月で開始しますが、蹲踞や深屈曲などの制限を4-5ヶ月行います。5~6か月程度でスポーツ復帰することが一般的です。

受診について 診察時間・アクセス 問診票ダウンロード 求人案内