SPORTS ORTHOPEDICSスポーツ整形外科

大好きなスポーツを、
いつまでも楽しんでいただけるように

スポーツ障害、外傷の治療にも専門性の高い医療の提供を目指しています。一口にスポーツといっても、そのレベルや環境は様々です。
スポーツ外傷、障害においては、まず適切な診断を行った上で、選手自身の希望やチームの状況を含めた競技特性に応じて、復帰時期や競技レベルなどのゴール設定を適切に行うことが必要です。

当院のスポーツ整形外科診療ABOUT

河村禎人院長は、整形外科専門医として整形外科診療に取り組む一方、スポーツ医学、膝関節外科を専門とする日本体育協会公認スポーツドクターでもあり、スポーツ障害の診断や加療、手術、リハビリテーションに積極的に取り組んでいます。宮﨑義雄医師は、肩関節の専門医として、投球障害を含む肩関節疾患の診断、手術、リハビリテーションを担当しています。鳥塚之嘉医師は、大阪大学医学部付属病院や関西労災病院などの基幹病院でスポーツ整形外科部長として主に膝関節のスポーツ障害の専門的加療にあたる一方、高野連との連携で高校野球の障害予防に取り組むなど、実績のあるスポーツ専門医です。

膝関節、肩関節、足関節、肘関節の鏡視下手術を含めて、5年間で1000例を超える手術が施行されており、膝の鏡視下手術(鏡視下前十字靭帯再建術、鏡視下半月板手術等)においては、JOSKAS(日本膝関節鏡学会)の関節鏡技術認定者が在籍する数少ない民間医療機関の一つです。

当院のスポーツ整形外科診療では、20名を超える理学療法士やスポーツトレーナーが在籍し、専門的リハビリテーションなども行っていますので、大阪市港区にありながら大阪市外の大阪府全域や兵庫県などの県外からの来院にも対応しています。

画像
画像
画像

当院のスポーツ整形外科診療の特長FEATURES

特長(1) ~競技別リハビリテーション~

疾患や病態に応じたリハビリテーションの施行行うと同時に、野球・サッカー・テニス・陸上・バレーボール・ゴルフなど競技によって、リハビリの優先順位は変わります。競技や選手の置かれた背景を考慮して、症例に合わせたリハビリテーションを行います。
また、体外衝撃波(収束型、拡散型)、パワープレート、超音波骨折治療装置などの最新の医療機器も設置されています。

特長(2) ~定期的な知識研鑽~

当院では、定期的に院内でスタッフ向けに講座を開催しております。知識のアップデートを行い、新しい知見を吸収し、スポーツ整形外科領域の最新の知識と技術を習得できるよう日々研鑽を積んでいます。

特長(3) ~スポーツ競技への貢献~

整形外科河村医院は2002年FIFAワールドカップ以降、2016年FIFAクラブワールドカップにまで複数の国際大会で指定後方支援医療機関として協力をしてきました。約25名のリハビリスタッフ、MRI撮像にあたる放射線技師達と共に国際大会以外にも複数のスポーツの大会や試合への協力を続けています。河村院長は大阪サッカー協会前医学委員長であり、日本ゴルフ協会医科学委員として2020東京オリンピックのゴルフ競技選手医療統括者として協力しています。

実績PERFORMANCE

サッカーの大会

2002FIFAワールドカップ 後送医療機関
2015・2016FIFAクラブワールドカップ 後送医療機関
2018年~2019年 柔道グランドスラム 協力医療機関
2003年~2018年 シルクドソレイユ 大阪公演 協力医療機関
2020東京オリンピック ゴルフ競技選手医療統括者

連携機関COLLABORATIVE ORGANIZATION

大阪大学医学部付属病院
JCHO大阪病院
医療法人警和会 大阪警察病院
第二大阪警察病院
公益財団法人 日本生命済生会 日本生命病院
多根総合病院
大阪みなと中央病院
公益社団法人 大阪掖済会病院

問診票のダウンロード

受診について 診察時間・アクセス 問診票ダウンロード 求人案内