頸椎捻挫(けいついねんざ)

頸椎捻挫とはABOUT

頸椎捻挫(けいついねんざ)は、首に一定の力が生じて生じるけがで、首から背中、後頭部、肩部など広い範囲に痛みや違和感を生じることがあります。追突事故などの交通事故や転倒などで、首が短時間に前後に振られることで生じることが多いとされています。かつては「むちうち損傷」と言われていましたが、この病名は最近では使われません。

頸椎捻挫の原因CAUSE

頸椎捻挫は、交通事故や激しいスポーツなどによって、頭部や顔面を強く打ったり、強い力が加わる反動で大きく振られた際に発生します。外部から力が食わることで、首を固定している筋肉や靭帯を痛めてしまうことが主な原因になります。

頸椎捻挫の症状SYMPTOM

頸椎捻挫の症状は、すぐに痛みが出る場合もありますが、数時間から数日経ってから症状が出る場合もあります。
症状としては、「首の痛み」「首が動かない」などの障害や頭痛、首から背中にかけての痛みや凝りが主な症状です。
また、めまいや耳鳴り、手のしびれ、倦怠感など頸椎捻挫(むち打ち症)が原因で全身に症状が現れる場合もあります。

頸椎捻挫の診断・検査DIAGNOSIS

診断は、まずは受傷の状態や自覚症状を確認した上で、レントゲン撮影が行われます。骨折や脱臼が無いことを確認して、頸椎のみならず骨を繋ぐ靭帯や椎間板などの損傷の有無を確認します。理学所見や症状によってはMRIを行って、神経の損傷や椎間板などのレントゲンで診断できない損傷の有無を確認します。

頸椎捻挫の治療TREATMENT

軽度なものは、局所の安静のみで改善するものもありますし、骨や軟部組織の損傷がレントゲンやMRIで認められる場合は、頸椎カラーなどで頚部の固定を行うこともあります。ただし、不必要な頚部の固定は、却って症状を遷延させる可能性があり注意が必要です。一定の症状がある場合は、リハビリが適応となります。
頸椎捻挫の中には、腕神経叢の症状や胸郭出口症候群などの神経症状を合併する場合もあり、適切な診断が必要です。
温熱や牽引以外にも、局所の柔軟性訓練や筋力訓練、機能訓練などが症状の緩和に有効な場合もあります。症状が強く長期に遷延する場合には、薬物療法や理学療法以外にブロック療法を行う場合もあります。

頸椎捻挫は、交通事故によって生じることが多いことから、特に初期に画像診断を含めて正しく診断をうけることが望まれます。また、交通事故後の診療においては、適切な時期に適切に医師の診断をうけることが必要で、医師の診断なく接骨院や整体等で漫然と加療を続けた場合には、診断書の交付や因果関係の証明がなされず補償上の不利益を被ることがあります。
整形外科河村医院では、レントゲンや必要によりMRIを施行して、適切な診断やリハビリの施行に努めています。

受診について 診察時間・アクセス 問診票ダウンロード 求人案内