痛風

痛風とはABOUT

痛風は、血液中の尿酸が過剰になって関節に溜まって結晶化し、炎症を引き起こして発作的に痛みを生じさせる病気で、男性に多く見受けられます。風が患部に当たるだけで痛みが走ることから痛風と名付けられたとも言われています。痛風の発作が起きると、数日は歩けないほどの痛みが続きますが、その後は徐々に痛みが和らいでいきます。ただし、治療を受けずに放置していると、同じような症状が繰り返し起こるようになるだけではなく、腎臓等に結石が生じるなどの合併症が生じます。発作の症状が改善しても、正しく尿酸値のコントロールを行うことが重要です。

痛風の原因CAUSE

痛風の主な原因は、プリン体の多く含まれる肉やビールなどのアルコール飲料の過剰摂取や尿酸をうまく対外に排出できないことが原因で起こります。不要なプリン体は、分解されて尿酸となり尿とともに排出されますが、プリン体が過剰に作られたり、尿酸がうまく排出できなかったりすると体内の尿酸が溜まり、それが結晶化し、関節に溜まることで炎症を起こし、痛風を引き起こします。

痛風の症状SYMPTOM

痛風発作の前兆の症状は、関節の違和感やムズムズ感です。一般的には、足の親指の付け根が好発部位ですが、それ以外にも足の甲や膝関節、手や肩など、多くの部位に発症します。発作の痛みはしばらくすると治まりますが、治療を受けずに放置していると再発することがあり、この発作を繰り返すうちに症状が悪化します。また、痛風は生活習慣病の一つですので、痛風に罹患する人は、糖尿病や高血圧・脂質異常症などにもかかりやすい要因を有していると考えられています。

痛風の診断・検査DIAGNOSIS

痛風は体内に蓄積される尿酸の結晶化によって引き起こされる病気です。血液検査で尿酸値や炎症反応を調べたり、症状の似た蜂窩織炎の除外の検査を行います。

血液検査

体内に溜まっている尿酸の量を調べます。尿酸値が7mg/dl以上の場合、痛風のリスクがある「高尿酸血症」の状態になります。また、生活習慣病である肝機能障害や糖尿病、脂質異常症などの合併の有無を調べます。必要により尿検査を行う場合もあります。

レントゲン検査

関節痛がある場合には、レントゲンで関節破壊の有無を確認します。 また、痛風と類似した病態を見分けます。

痛風の治療TREATMENT

痛風の発作が起きて痛みや炎症が強い場合は、まずは消炎鎮痛薬を用いて、痛みと炎症を抑えます。発作中に急速に尿酸値を下げると再発作を引き起こすこともあり、まずは急性症状の改善をまって、その後に尿酸値を下げる治療を開始していきます。当院(整形外科河村医院/大阪市港区)では、薬物療法とともに生活習慣の改善が重要と考えています。

薬物療法

尿酸の生成を抑える薬と、尿酸の排出を促す薬があり、症状に合わせて使い分けていきます。
また、発作を予防するための薬を用いることもあります。

食生活(生活習慣)の改善

プリン体を多く含む食品やアルコールを控えたりします。ただし、最も重要なことは、カロリーの摂取を適正とすることで、カロリーの過剰摂取は禁物です。

プリン体を多く含む食品

  • 牛肉、豚肉
  • レバー
  • エビ、タコ
  • 白子、アン肝 など

プリン体を多く含む飲み物

  • ビール
  • 日本酒
  • 紹興酒
  • ワイン など

生活習慣の改善で注意すべきポイント

  • 飲酒は適量にする
  • 水分を十分摂る
  • 適度な運動をする
  • 過食しない
受診について 診察時間・アクセス 問診票ダウンロード 求人案内