変形性膝関節症

変形性膝関節症とはABOUT

変形性膝関節症とは、膝関節にあるクッションである軟骨がすり減ることで炎症や変形が生じて、膝に痛みが生じる病気です。男女比は1:4で女性に多いことが分かっています。
変形性膝関節症は、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の原因となる病気の1つで、変形性膝関節症による膝の痛みを抱えている人は、国内だけでも推定1,000万人にも上ると言われています。

変形性膝関節症の原因CAUSE

性別と年齢

変形性膝関節症は、基本的に加齢に伴って起こる疾患になります。一般的に40歳前後から始まるとされており、50代から60代での発症が多く、男性よりも女性の方が発症する割合が多いといわれています。加齢の影響で、膝周りの筋力が低下してくることが要因の一つとして挙げられます。

体重と体質

変形性膝関節症による軟骨の変化は、内側に起こりやすくO脚変形が生じやすくなります。また、肥満の方はそれだけ膝への負荷が大きく、発症や増悪に関係していると考えられています。また、閉経後の女性のホルモンバランスの影響を指摘する研究結果もあります。

変形性膝関節症の症状SYMPTOM

変形性膝関節症の主な症状は、膝の痛みと水がたまることです。また、症状の段階によって重症度も異なります。

初期

立ち上がった時や歩き始めるときなどの膝を動かし始めたときに痛みが生じますが、安静にすることで痛みは改善し、その程度も軽度です。

進行期

初期に比べて痛みの頻度や程度が増悪し、正座やしゃがみこんだ時、階段の昇り降りがつらくなり、膝関節の動きが一部制限をされる状態です

末期

膝が完全に曲がらない・伸びきらない状態になり歩行が困難となり日常生活に支障をきたすようになります。

変形性膝関節症の検査DIAGNOSIS

レントゲン検査(X線撮影)で、膝関節の状態を観察します。整形外科河村医院(大阪市港区)では、骨壊死や関節炎などを鑑別する目的で、必要に応じてMRI検査・関節液検査・血液検査を行う場合があります。

変形性膝関節症の治療TREATMENT

症状が軽い場合は、痛み止めの内服薬や外用薬を使ったり、膝関節内にヒアルロン酸の注射などをします。また大腿四頭筋の強化や関節可動域の改善などの理学療法(リハビリテーション)を行ったり、膝を温めたりする物理療法を行います。

膝の屈伸で痛みが生じる場合は、膝の角度を維持した状態での筋力訓練も有効的です。この目的の為に、整形外科河村医院ではスポーツ医学で用いられている筋力訓練機器であるパワープレートを導入しています。また、足底板などの装具療法も効果的です。
これらの治療で改善が見られない場合は、関節鏡手術や人工膝関節置換術などを行う場合があります。

最近は、再生医療と称して高額の自費治療を謳う医療機関もありますが、いまだその成績や安全性は確立しておらず、安易に選択せず本当にその適応があるのかを慎重に判断することが大切です。

変形性膝関節症の予防PREVENTION

日常生活上の注意点

  • 適正体重を維持して、不必要な体重増加を避ける
  • 痛みがある場合は、疼痛動作をさけて膝への負担軽減に努める
  • 膝を温めて血行を良くする

運動療法(リハビリ)

  • 運動療法によって膝周辺の筋力を強化し、膝関節の負担を軽減します。
  • 体幹筋を鍛えてバランス能力を上げること、膝への負担が軽減されます。

SLR(脚上げ体操)

  • 仰向けで寝転ぶ
  • 片方の膝を立てて、もう片方の脚を伸ばします。
  • 伸ばしている脚を地面から10センチ程度上げて、ゆっくり伸ばしている脚を元に戻す
  • 左右の脚を入れ替えて、繰り返し行う

大腿四頭筋訓練

  • 椅子に腰かける
  • 背筋を伸ばし、片方の脚をまっすぐになるよう浮かせて、5秒間静止します。
  • ゆっくり伸ばしている脚を元に戻す
  • 左右の脚を入れ替えて、繰り返し行う
受診について 診察時間・アクセス 問診票ダウンロード 求人案内