骨粗鬆症

骨粗鬆症とはABOUT

骨粗鬆症とは、長期間の生活習慣などが原因で、骨密度(骨の量)が減って骨が弱くなることで、骨折を起こしやすい状態のことを言います。日本国内では、高齢化が進み患者数が増加の傾向にあり、1000万人以上の患者がいるとも言われています。

骨粗鬆症の原因CAUSE

骨というのは、古くなって劣化した骨は新しい骨へと生まれ変わる新陳代謝を行っています。健康な骨の場合は、古くなった骨を壊す働きと新しい骨を作る働きのバランスが釣り合っていますが、骨粗鬆症の骨では、骨を壊す働きが進み、新しい骨を作る働きを上回ってしまうことで、骨がスカスカになりもろくなってしまいます。

また、骨粗鬆症は、特に女性に多い病気で、患者の80%が女性とも言われています。女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、骨が新陳代謝する際に骨からカルシウムが溶け出すのを抑える働きがありますが、閉経期を超えて女性ホルモンの分泌が低下すると、骨密度が低下し、骨粗鬆症になりやすくなるのです。また、過度な喫煙や飲酒がある方も骨粗鬆症のリスクは高くなるといわれています。

骨粗鬆症の症状SYMPTOM

骨粗鬆症は、自覚症状が現れにくく静かに進行するため、「サイレント・ディジーズ」とも呼ばれています。

軽度の症状

  • 立ち上がるときや重いものを持つときに、背中や腰が痛む
  • 背中や腰が曲がってくる
  • 身長が縮んでくる

重度の症状

  • 転んだだけで骨折する
  • 身長の縮みがかなり目立つ
  • 背中や腰の曲がりがひどくなる

骨粗鬆症の診断・検査DIAGNOSIS

骨粗鬆症は、骨の量や成分を調べる骨密度検査を行うことで診断することができます。
骨密度検査では、骨の中にカルシウムやミネラルがどの程度含まれているか、正常な方の骨密度の平均値と比べて自身の骨密度がどの程度あるかを調べます。

骨密度検査にも様々な方法があり、骨に2種類のX線をあてて計測するDXA(デキサ)法、かかとやすねの骨に超音波を当てる方法、CT装置で手首などの骨量を測る方法などがあります。大阪市港区の整形外科河村医院ではDXA法を採用しています。
また、骨の代謝のバランスを見るために血液検査や尿検査を行うこともあります。

骨粗鬆症の治療TREATMENT

基本的な治療としては、薬物療法や食事療法・運動療法で生活習慣を改善することが挙げられます。

薬物療法

内服薬では、ビタミンD製剤や、骨が壊れるのを抑える薬「ビスホスホネ―ト製剤」、女性ホルモン製剤、副甲状腺ホルモン製剤などの他、強力に骨の吸収を抑える作用をもったモノクローナル抗体製剤など様々な薬剤が使用可能となっています。経口薬と注射とがあり、それぞれに特徴があるため、状態に応じて使い分ける必要があります。

食事療法

骨を構成するうえで重要な成分の一つのカルシウム、カルシウムを吸収するために必要なビタミンD、その他骨に関わる成分であるビタミンKやタンパク質をバランスよくとることが重要です。

成分 食品
カルシウム 牛乳・乳製品、小魚、大豆製品など
ビタミンD 魚(サンマ・サケ・イワシなど)、キノコ類など
ビタミンK 納豆・果物・緑黄色野菜など
タンパク質 肉・魚・卵・穀物類など

運動療法

骨を作る細胞を「骨芽細胞」と言い、骨芽細胞が骨を作るうえで重要なことは、運動による刺激になります。骨に刺激が加わることで、骨を強くしようとする作用が働きます。
但し、無理な運動はかえって体を痛めてしまう可能性があるので、無理のない範囲で行うことが大切です。ウォーキングやジョギング・水泳・テニスなどできる範囲で、自身の好みにあった運動をおこなうようにしましょう。

受診について 診察時間・アクセス 問診票ダウンロード 求人案内