変形性肘関節症

変形性肘関節症とはABOUT

変形性肘関節症は、運動や労働などにより肘の中の軟骨がすり減り、次第に骨が変形する疾患です。初期は肘に負担がかかると痛みがありますが、進行すると骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨の棘があらわれ、肘の動きが悪くなり、日常生活の動作でも痛みを感じるようになります。時には関節の軟骨が剥がれ落ち、遊離体となって関節の中で引っかかったりします。さらに変形が高度になると、安静時にも痛みが生じるようになります。また、肘を走行する神経が圧迫され、手のしびれや脱力感が生じることもあります。

変形性肘関節症の原因CAUSE

長期に渡って肘に負担がかかり続けることで、関節の軟骨が擦り減り、骨が変形します。野球で肘関節を痛めたことがあったり、柔道などで肘を捻挫したりしたことがあったりするなど、スポーツの障害のあとに起こる場合もあります。また骨折の治療後に変形してくることもあります。

変形性肘関節症の症状SYMPTOM

はじめは安静にしていると痛みは少なく、運動や作業など肘の曲げ伸ばしで関節に負荷がかかったときだけに痛みを感じます。変形が進行すると服の着替え、食事などの日常動作でも痛みを感じるようになります。
変形が進行して神経の圧迫が起こると、手のしびれや手の筋力低下がおこります。障害が起こりやすい神経は尺骨神経(しゃっこつしんけい)で、この神経が圧迫を受けると手の小指側がしびれてきます。症状が進行すると手の間の筋肉が痩せてきて物をつまむ力が低下します。これを肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)と言います。

変形性肘関節症の診断・検査DIAGNOSIS

まず「職業歴」「スポーツ歴」を確認し、「痛みの状態」「可動域」を確認していきます。さらに詳しく診断するために画像検査を行います。レントゲン検査(X線検査)では、関節の状態、骨棘や遊離体の有無などを見ていきます。必要に応じてCT検査やMRI検査を行い、関節の状態をさらに詳しく検査します。

変形性肘関節症の治療TREATMENT

変形性肘関節症の治療は、痛みが強く、動きに制限があっても保存的療法が基本となります。ただし、神経に障害が起こると症状によっては手術治療が必要になります。

薬物療法

痛みに対し湿布などの外用薬や消炎鎮痛剤を服用し痛みと炎症の軽減を図ります。

理学療法

温熱療法、超音波治療などを行い、肘関節部の除痛と消炎をはかります。可動域を維持するための訓練や、進行予防のための筋力訓練などもあわせて行います。神経の圧迫によるしびれが出現した場合には低周波などの治療も追加して行います。

手術治療

症状に応じて手術治療を行う場合があります。骨棘や遊離体が痛みの原因になっている場合には、関節鏡で骨棘の切除や遊離体の除去を行います。また神経の圧迫により手のしびれや筋力低下が生じた場合は、神経剥離や神経移行術などを行います。いずれの場合も肘の変形は戻らないので手術後も変形は残存したままです。骨や軟骨の破壊が著しく、どうしても痛みを取りたい場合には、膝などと同じように人工の関節で置き換える手術を行うこともあります。

受診について 診察時間・アクセス 問診票ダウンロード 求人案内