野球肩

野球肩とはABOUT

野球肩とは、文字通り野球で投球動作を行った際に、痛みを生じる肩関節障害の一つです。
野球以外のスポーツでもテニスやバレーボールのスマッシュ、水泳など腕を大きく強く振る動作を繰り返すスポーツでも生じることがあります。肩関節を構成している骨や軟骨、筋肉や腱の損傷により生じます。

野球肩の原因CAUSE

野球肩の原因は、「使いすぎ」による発症がほとんどですが、バックホームなどの際に1回の大きな負荷(外力)が原因となり肩を損傷することもあります。また、体幹や股関節などの柔軟性不足のためにフォームが悪くなり、その結果肩を痛めてしまうこともあります。

インピンジメント症候群

投球動作を行うたびに、肩の組織が衝突し炎症を起こすことで痛みが出ます。投げすぎやストレッチ不足により、肩の後方が硬くなって生じてくると言われています。

腱板損傷

野球肩では腱板のうち、棘上筋、棘下筋が痛みやすく、単なる肉離れや炎症を起こすだけの場合もあれば、部分的あるいは完全に断裂したりすることもあります。

リトルリーグショルダー(上腕骨近位骨端線離開)

子どもの骨には骨端線という成長軟骨があります。この部分は力学的強度が弱く、過度に負荷がかかることで損傷して痛みを生じます。肩の場合は上腕骨近位骨端線と呼ばれる部分が損傷を受けます。初期は骨端線が少し広がるだけですが、進行してくると骨頭と呼ばれる部分がずれて骨の変形を起こし、ひどくなると骨折も起こします。

関節唇損傷

肩関節を構成している関節唇(かんせつしん)と呼ばれる軟骨が、繰り返す投球動作によって摩耗したり、断裂したりします。

野球肩の診断・検査SYMPTOM

まず「いつから痛むのか」「痛みが出た原因があるのか」「投球動作のどの時点で痛むのか」など痛みに対し細かく評価を行います。理学所見のほか。必要に応じて、損傷の程度などさらに詳しく検査するためにレントゲン検査(X線検査)やMRI検査を行います。

野球肩の治療TREATMENT

野球肩の治療は、保存的療法が基本となります。
損傷の程度により異なりますが、数週間から数か月ノースロー調整をすることで、痛みが軽減されます。ノースロー調整期間中には、障害の原因を排除し投球時の痛みを再発させないように投球リハビリを行います。リハビリではフォームの見直し・体幹トレーニングなど肩以外のコンディションも同時に整えていきます。
リハビリを行っても全く症状が改善しない場合や、復帰できても再発を繰り返すような場合は関節鏡を用いて手術を行うこともあります。
整形外科河村医院(大阪市港区)では、スポーツ整形における肩関節を専門とした医師が在籍しておりますので、保存的療法から手術療法・スポーツトレーナーによるリハビリまで幅広い治療に対応しております。

受診について 診察時間・アクセス 問診票ダウンロード 求人案内