野球肘

野球肘とはABOUT

野球肘とは、投球動作を行うスポーツで、ボールを投げすぎることによって起こる肘の障害です。野球肘は病名ではなく、あくまで総称で、「離断性骨軟骨炎」や「骨端軟骨損傷」「靭帯損傷」「裂離骨折(剥離骨折)」など複数の病名を含む総称になります。特に、成長期の子どもの骨や軟骨はまだ未成熟なため弱くて傷つきやすく、過度に投球動作を繰り返すことで損傷しやすいため、この時期は特に注意が必要です。

野球肘の原因CAUSE

野球肘は一般的に、繰り返し投球動作を行うことで、肘への負荷が過剰になることが原因となります。しかし、フォームが悪いと同じ投球数でも肘に余計な負荷がかかるため、単に投げすぎだけが原因でないこともあります。
また、野球肘には、「外側」・「内側」・「後ろ側」とそれぞれの部位の障害で原因と症状が異なります。

外側の障害

骨と骨が衝突することで、骨や軟骨が剥がれたり痛んだりすることで発症します(離断性骨軟骨炎)。

内側の障害

肘の内側に過剰な負荷がかかることで靭帯が引っ張られ、腱や軟骨が損傷・断裂することで起こります(内側側副靱帯損傷、内側上顆裂離骨折(剥離骨折))。

後ろ側の障害

投球時のフォロースルーの際に、肘の後方で骨同士が衝突することで、発症します(肘頭疲労骨折)。

野球肘の診断・検査SYMPTOM

投球時に肘の痛みがある場合、投球フォームのどの段階でどんな痛みが、どこにあるかを確認します。理学所見で肘の状態を確認し、さらに詳しく診断するために、画像検査を行います。野球肘の原因によって、レントゲン検査(X線検査)・超音波検査・CT検査・MRI検査を使い分けて診断していきます。整形外科河村医院(港区)では選手の症状に応じて検査を使い分け、野球肘の診断を行っています。

野球肘の治療TREATMENT

まず、野球肘の治療は投球動作を中止して、肘を安静に保つことから始まります。症状がよくなってきたら、競技への復帰と再発予防の観点からリハビリテーションを行います。しかしながら損傷の状態がひどい場合や、症状の改善が思わしくない場合に手術が必要になることもあります。

リハビリテーション

復帰へ向けて肘関節の可動域訓練やストレッチを行い、さらに周辺の筋肉を強化します。障害の原因が肘以外の体幹や下肢にもある場合、その部位のストレッチや筋力強化も行います。またフォームに原因がある場合は、たとえ障害部位が治癒し、競技に復帰できたとしても、再び肘を痛めてしまう可能性があるので、障害が起こりにくいフォームになるよう修正を行います。整形外科河村医院(大阪市港区)では、スポーツトレーナーが在籍しており、早期スポーツ復帰ならびに再発防止ができるよう全力でサポートして参ります。

手術治療

損傷の状態が思わしくない場合や、保存的療法で改善が見られない場合は、患者様と相談したうえで手術を行うことも検討していきます。

疾患別治療TREATMENT

離断性骨軟骨炎

成長期の間は基本的に安静で自然に治るのを待ちます。状態によって治癒まで1年以上かかることもあります。成長が終わっても損傷部位が治らなかったり、治療の途中でも骨や軟骨が剥がれたりしたら手術を行います。(離断性骨軟骨炎の項参照)

内側上顆裂離骨折(剥離骨折)

骨折した骨が癒合するまで野球をお休みします。特にギプスなどをする必要はありません。骨の癒合状況に合わせてバッティングや短い距離からの投球を許可していきます。

内側側副靱帯損傷

バックホームなど1回の投球で断裂した場合は、ギプス固定を行い靱帯が治癒するのを待ちます。投げすぎにより損傷した場合は損傷した靱帯の縫縮や靱帯再建術を行います。症例によってはPRP(多血小板血漿療法)によって改善するとの報告もあります。

肘頭疲労骨折

基本的に骨癒合まで安静を保ちます。特にギプス固定などは必要でない場合が多いですが、偽関節(骨が癒合しなくなってしまう)になると骨移植などの治療が必要になる場合もあります。

受診について 診察時間・アクセス 問診票ダウンロード 求人案内