ジャンパー(膝蓋腱炎 しつがいけんえん)

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)とはABOUT

膝蓋腱(しつがいけん)は、膝の前にあって膝蓋骨(お皿の骨)と脛骨(すねの骨)を結ぶ件です。膝を伸ばすときに働く腱で、ジャンプ動作や屈伸動作の繰り返しで炎症を起こすことがあります。初期では局所の安静で治りますが、進行すると慢性化して難治性の痛みを生じます。ジャンプ動作を繰り返す競技で良く見られることから、ジャンパー膝という名前で呼ばれることもあります。バレーボールやサッカーなど多くのスポーツで生じます。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の原因CAUSE

原因はジャンプや着地を繰り返すうちに膝蓋腱に負荷がかかることです。また、ジャンプする際には筋肉が引っ張る力が大きくなります。しかし、体が仕上がっていないと筋肉が引っ張る力に耐えきれずに損傷してしまいます。主に10代の若い方によく見られ、骨の成長が体の成長に追い付いていないことも原因の一つです。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の症状SYMPTOM

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の症状は、膝蓋骨(膝のお皿)の下部からすぐ下の靭帯にかけて痛みが生じます。

  • ジャンプや着地をすると痛む
  • 歩いたり走ったりすると痛む
  • 膝を曲げると痛む
  • 患部を押すと痛む

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の診断・検査DIAGNOSIS

症状と圧痛から比較的容易に診断されますが、レントゲンで骨の変化の有無を確認したり、MRIで腱の変性の程度を確認します。周辺の炎症を伴う場合には、超音波検査も有用です。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の治療TREATMENT

初期では疼痛動作を避けて局所の安静で改善する場合もありますが、大腿四頭筋の柔軟性訓練や体幹筋の筋力訓練は再発予防に必須です。リハビリで正しい訓練方法の指導をうけることも重要です。外用薬は消炎効果があります。非ステロイド消炎鎮痛剤は痛みの軽減に有用ですが、局所安静を行わず安易に鎮痛剤を長期服用すると症状は増悪します。
進行すると慢性の疼痛を生じるようになります。難治性の膝蓋腱炎には対外衝撃波が有効です。特に収束型対外衝撃波は、慢性炎症部位の神経端末の再生を促し、慢性化した膝蓋腱炎の治療に有効であることが知られています。

当院では、収束型と拡散型の2つの対外衝撃波を導入しています。適切な理学療法と組み合わせることで、高い治療効果が得られます。
保存療法に抵抗する場合には、手術が行われます。手術はトパーズ法といわれる神経端末を電気焼却して新生を促す手技や病巣切除術が行われますが、その得失を判断して正しく選択することが必要です。

整形外科河村医院(大阪市港区)の院長は、膝の治療を専門としております。膝に不安がある場合は、お気軽にご相談ください。

当院のご案内の対外衝撃波へリンク

受診について 診察時間・アクセス 問診票ダウンロード 求人案内