足関節靭帯損傷(足関節捻挫)

足関節捻挫は、スポーツで最も頻度の高い外傷の一つです。 特に、足を内返しして受傷する内反捻挫が多く、外側の靭帯損傷(前距腓靱帯損傷や踵腓靭帯損傷、二分靭帯損傷など)が生じます。

診断DIAGNOSIS

受傷機転、理学所見とレントゲンや超音波検査(エコー検査)で診断をしますが、、症状が遷延する場合や重症度の高い場合は、軟骨損傷などの有無を調べるためにMRIが行われます。特に小児の足関節捻挫は剥離骨折を生じることが多く、この剥離骨折はレントゲンで分かりにくいので、その診断には超音波検査が必要になります。

治療TREATMENT

靭帯損傷の程度が軽度の場合は、足関節の動きを制限しない機能的装具(ブレース)と適切な理学療法(機能的理学療法)を早期から行うことで治癒します。しかし、靭帯損傷が重度な場合や、小児などで新鮮な剥離骨折がある場合は、ギプスを装着することもあります。 安易なテーピングやサポーターのみの治療では、急性の症状は改善しても、不安定性や痛みが残ることがありますので注意が必要です。
関節の不安定性や軟骨の損傷による水腫が残って、スポーツ活動や日常生活に支障を生じる場合には、手術が必要になる場合があります。

手術SURGERY

当院で行っている代表的な手術は以下の通りです。いずれにおいても関節内の状態を把握するために関節鏡を施行します。

靭帯前進術

靭帯損傷後の治癒が十分に得られずに緊張が低下して不安定となっている場合に行われます。正常の付着部の骨にアンカーを打ち込んで、ゆるんだ靭帯を引き寄せて安定化させます。関節鏡視下で行う場合と、遊離骨片を除去したりなど直視下で行う場合があります。固定します。

靭帯再建術

靭帯の損傷が著しく靭帯前進術が行えば医場合に、別の腱を用いて新たな靭帯を作り直す手術です。半腱様筋腱または薄筋腱を使用して再建を行います。腓骨と距骨、踵骨に骨内のトンネルを作成して、靭帯を再建します。

観血的整復固定術

靭帯付着部の剥離骨折を元の部位に固定する方法です。新鮮骨折のを除いて適応は少なく、陳旧性の足関節捻挫に対してはあまり行うことはありません。

術後リハビリテーションは施行した手術により異なります。靭帯前進術と靭帯再建術の場合、2週間のギプス固定の後、装具をつけて可動域訓練を行います。荷重開始は3~4週経過後からで、4~5週で全荷重とします。スポーツ復帰は症例により3~6か月と差があります。術後は可動域訓練、筋力訓練やバランス訓練など、積極的な理学療法を行います。

受診について 診察時間・アクセス 問診票ダウンロード 求人案内