河村禎人 医学博士
診察する先生

「患者さんに優しい医療」をモットーとし、ひとりひとりに最適な治療を提供できるよう心掛けています。

スポーツ整形外科や膝関節の治療を専門として研鑽に努めてきました。また一般整形外科以外に、関節の変形による痛みにたいしてのリハビリテーションなど手術によらない治療にも積極的に取り組んでいます。

(スポーツ医学との関わり)もともと、学生時代にテニス、サッカーなどスポーツをしていたこともあって、スポーツ整形外科に興味を持ちました。当院では膝関節鏡手術を中心として、スポーツ外傷、障害の手術やリハビリに取り組んでします。スポーツの現場では、大阪府サッカー協会スポーツ医学委員会シニアアドバイザーとしてサッカーの医事活動に、日本サッカー協会NFrepとしてアンチドーピング活動に協力しています。また大阪大学大学院医学系研究科スポーツ医学特任研究員として国立スポーツ科学センターとの共同研究など、ゴルフスイングと障害についての研究施設を設置して分析、研究を行っています。

(一般整形外科)昭和54年の設立以来、当院は地域に根差した整形外科として医療を提供してきました。一般整形外科においての骨折や腰痛、関節痛などの治療についても、適切な医療が行えるように心がけています。高次医療を提供する総合病院との連携も重視しています。

(高齢者医療)港区は、大阪市の中でも比較的高齢者率が高い地域です。運動機能を維持し健康寿命を延ばすために必要なリハビリテーションが適切に行えるように体制を整えています。介護保険は医療保険とは異なる制度ですが、医療と介護が互いに連携し、適切に提供されることが大切だと考え2つの「すまいる」施設を併設しました。「すまいる」グループでは、介護保険の申請から提供まで各施設が連携して医療、介護のプランを提案します。

大阪サッカー協会マークタウン誌

 

産業医科大学卒業(1989年)
大阪大学医学部大学院博士課程修了(1996年)

職歴

1989年 大阪大学整形外科教室入局
1989年 大阪厚生年金病院整形外科
1990年 大阪府立千里救命救急センター
1991年 川崎病院整形外科
1992年 結核予防会大阪病院整形外科
1996年 大阪警察病院整形外科副医長
1997年 整形外科河村病院副院長
1997年 大阪警察病院整形外科スポーツ整形外科特診担当(〜2004年)
2010年 整形外科河村医院院長

資格

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本整形外科学会リウマチ医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本医師会認定産業医
  • ケアマネージャー

スポーツ医学活動

  • 大阪府サッカー協会スポーツ医学委員会 シニアアドバイザー
  • 日本サッカー協会NF rep
  • 大阪大学大学院医学系研究科健康スポーツ学科(スポーツ医学)特任研究員